明治通宝

日本紙幣の誕生【わかりやすい解説】

2019年9月21日

富士山

日本で初めて発行された紙幣は、いつできたのか?どんなデザインなのか?どんな時代だったのかをお伝えします。

諭吉くん
諭吉くん

案内人の諭吉くんだ。
これから日本紙幣について勉強していくよ。

オイラはどら猫くんだ。
これから諭吉先生に色々教わる猫だぞー。

どら猫くん
どら猫くん
諭吉くん
諭吉くん

では、本題に入るよ。
日本紙幣が最初にできたのは、いつだと思う?

弥生時代かー?いや平安時代だぞー!

どら猫くん
どら猫くん
諭吉くん
諭吉くん

随分さかのぼりましたね。
答えは明治時代です!

スポンサーリンク

初めての日本紙幣は明治時代に発行された

そう、日本紙幣の始まりは明治時代
明治新政府によって、ドイツに印刷を依頼して1億5千枚分を発行したんだ。

初めて発行された日本紙幣ってどんなものだったのか見ていこう!

初めての日本紙幣はどんな紙幣だったの?

明治通宝1円

1枚目の写真は明治通宝1円だよ。

鳳凰と竜の絵がかっこいいね。
初めての紙幣でこのクオリティは素晴らしいと思わないかい?

明治通宝の文字は最初は手書きでされていたが、途中から木版に変えたそうだ。

左が明治通宝半円/右が明治通宝20銭
1円と20銭の間に半円という紙幣があった。

明治通宝10銭
見た目がどれも似ていて間違えて支払ってしまいそうだね。

ここまでの明治通宝1円~10銭の発行日と廃止日をまとめたよ。
明治通宝1円発行】明治5年2月15日 【廃止】明治32年12月31日
明治通宝半円発行】明治5年2月15日 【廃止】明治32年12月31日
明治通宝20銭発行】明治5年2月15日 【廃止】明治32年12月31日
明治通宝10銭発行】明治5年2月15日 【廃止】明治20年6月30日

初めての日本紙幣はこの4枚になるけど、その後にも同年に続々と紙幣ができたんだ。

同じ年に発行された日本紙幣

左は明治通宝10円 / 中は明治通宝5円 / 右は明治通宝2円

この紙幣も同じデザインだね。

明治通宝10円 発行】明治5年6月25日 【廃止】明治32年12月31日
明治通宝5円 発行】明治5年6月25日 【廃止】明治32年12月31日
明治通宝2円発行】明治5年6月25日 【廃止】明治32年12月31日

明治通宝100円 / 右 明治通宝50円

明治通宝100円発行】明治5年8月13日 【廃止】明治32年12月31日
明治通宝50円 発行】明治5年8月13日 【廃止】明治32年12月31日

明治通宝10銭以外は、全て明治32年の12月31日で廃止になったんだね。
27年も同じ紙幣が使われていたなんてスゴイことだと思わないかい?

では、この頃にはどんなことが起こっていたのか一緒に覚えていこう!

この頃の出来事

私事だが『学問ノススメ』が発行された年だよ!350万部も売れて驚いたねぇ。

明治5年に義務教育が出来た。
意外と早くから義務教育は存在していたんだ。
他には、この年の12月は2日しかなかったようだよ。

え?12月が2日しかなかったってことかー?

どら猫くん
どら猫くん

明治5年の12月に天保暦から西暦に変わり、12月3日が明治6年の1月になってしまったんだ。
天保暦というのは、太陽陰陽暦のことで簡単にいうと月の満ち欠けや太陽の動きで1か月や1年を計算していた。それを西暦に改暦し1日24時間と時間を定めるようになったんだよ。

12月生まれの人は誕生日ケーキが食べれなかったってことかー。
可哀想だぞー。

どら猫くん
どら猫くん
諭吉くん
諭吉くん

うむ。
今日の授業はここまでだ。
明日からは人物が出てくるから、少し楽しめると思うぞ。
どら猫くんは予習してくるように!

ええー!オイラこれから夜の集会なのにー!

どら猫くん
どら猫くん

次回もお楽しみに!

参考文献:日本貨幣カタログ2019

ランキングに参加してるぞー(Byどら猫くん)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


偉人・歴史人物ランキング

スポンサーリンク

-明治通宝
-, ,

© 2021 日本紙幣サイト