わかりやすく知りたいこと 戦争 日韓併合

【日韓併合】までの日韓の出来事をわかりやすく会話で知る①江華島事件~甲申事変編

2020年1月20日

韓国併合までの出来事①

明治43年に起こった【日韓併合】に関しての出来事を、わかりやすくお伝えします。

諭吉くん
諭吉くん

今日は、日韓併合までに起こった様々な出来事を勉強するよ!

オイラも日本猫として気になる内容だぞー。

どら猫くん
どら猫くん

日韓併合までの話は、それ以前の話を無くしては語れないことなので何回かに分けてお伝えします。

今回は明治8年(1875年)にさかのぼって【江華島事件(こうかとうじけん)】からお伝えします。

スポンサーリンク

江華島事件で結んだ日朝修好条規

江華島事件(こうかとうじけん) 明治8年(1875年)

朝鮮は外敵の侵入を受けやすい場所であり、未開の地であった。

いつも目を光らせて狙っていた国が、日本・中国(清)・ロシアである。



朝鮮は、日本からの国書の受け取りを拒否するようになり、日朝の外交は一向に進まなかった。

釜山浦の倭館 Wikipedia

しびれを切らした日本の外交官は、朝鮮が対馬藩の為に築いた倭館(わかん)を『大日本公館』と改名し、日本政府が管理することにしたんだ。

それに朝鮮政府は激昂して、『大日本公館』への食料ストップと日本との貿易を止めたんだ。

対馬藩と朝鮮の交友関係を日本政府は利用したんだ。

日本政府は強行に出過ぎたのかなー。

どら猫くん
どら猫くん
諭吉くん
諭吉くん

明治の日本政府は強気だったんですね。
しかし、朝鮮も頑として開国しようとしなかったんだ。

日本政府はその頃、岩倉具視使節団が欧米視察に派遣されているため、一時的に外交交渉を辞めていた。

そして西郷隆盛らが、

「朝鮮には強硬な態度で示すべきだ!」と征韓論を述べた

しかし、明治六年政変で征韓派は辞任に追い込まれた。

明治六年政変については、こちらの記事を確認してみよう !

西郷隆盛
西郷隆盛
田道将軍と元こうを学ぶ
旧国立銀行券1円【田道将軍と元寇】

明治6年に発行された旧国立銀行券1円(1円札)に描かれている人物や出来事をお伝えします。 諭吉くん今日からは歴史と神話の話が盛りだくさんだよ。どら猫くん予習してきたかね? 昨日、夜の集会のあとに勉強し ...

続きを見る

しかし、征韓派が辞任したあとも政府内で『朝鮮を開国させよう』という案が出ていた。

表向きには測量や研究ということにして、軍事的圧力をかけに行くのはどうか?」

そして日本の船・雲揚号は極秘で出航した。

朝鮮・江華島に近づき測量を始めた時に事件は起こった。

江華島事件
江華島事件 Wikipedia

朝鮮から大砲で攻撃を受けたんだ。

日本側も反撃し、江華島の砲台を壊して朝鮮の地へ乗り込んでいったんだ。

この事件で日本人の乗員は1名亡くなってしまったんだよ。

日朝修好条規 明治9年(1876年)

江華島事件が起こり、日本はそれを理由(言いがかり?)に朝鮮と不平等条約を結ぶ。

それが黒田清隆により調印された【日朝修好条規】である。

内容は、日本がかつてのペリー来航時に結んだ不平等条約より酷い内容であった。

日朝修好条規
・治外法権
・日本の貨幣を朝鮮に流通させる
・日本との貿易は関税なし

これにはオイも激怒したがよ!

西郷隆盛
西郷隆盛
諭吉くん
諭吉くん

こんなやり方は卑怯だ!と怒ったようですね。

こうして日本と条約を結んだ後、開国しアメリカ・イギリス・ドイツ・ロシア・フランスとも不平等条約を結ぶこととなった。

日韓の間で反乱が起こる

諭吉くん
諭吉くん

韓国の教科書によると、条約後は日本のからの待遇が悪かったそうだ。

例えばどんなことだー?

どら猫くん
どら猫くん

正しいかは不明だが

  • 日本軍の訓練を受けさせられた
  • 米の配給がない
  • 砂の混ざった米ぬかを配給された

ということがあったそうだ。
『書いてあった』ということだけ伝えておこう。

閔妃

日朝修好条規後に政権を握っていたのが朝鮮国王・高宗の妃である『閔妃(みんび)』だったのだが、閔妃は開国と日本のように西洋化する国を目指していたんだ。


そこで不満が募った親清派たちが事件を起こした。

壬午軍乱 明治15年(1882年)

親日派で政権を握った閔氏政権(閔妃)を毛嫌いする人物がいた。

国王・高宗(こうそう)の実の父親である『興宣大院君(こうせんだいいんくん)』である。

壬午軍乱の人々

大院君は民衆とともに、日本と閔妃の追放をするべくクーデターを起こした。

日本公使館に攻め込み、多くの公使館員を殺害。

閔妃の一族も襲われたが、閔妃は難を逃れ脱出することができた。

壬午軍乱
壬午軍乱 Wikipedia

女の人を襲うなんて大院君って奴は酷いぞー!
しかも息子の嫁じゃねーかよー!

どら猫くん
どら猫くん
諭吉くん
諭吉くん

どら猫くんは女の人に優しいですね。
紳士な猫です。

そして、大院君は閔氏政権を破り権力を握った。

しかし!!

日本だけでなく清国からも軍艦が来て、清国は反乱を鎮圧させると大院君を天津(清)へ拉致したのだ。

大院君は清の制圧を受けて、政権は再び閔氏政権に戻し日本へ賠償金を払わせた。

親清派だったのに、お仕置きされたのかー。

どら猫くん
どら猫くん
諭吉くん
諭吉くん

落ち着いたかと思えば、今度は閔氏政権が『親清派』になってしまうんだ。

この出来事を『壬午軍乱(じんごぐんらん)』というよ。

甲申事変 明治17年(1884年)

閔妃の政権が親清派になり、次は親日派の反乱が起こった。

日本に対して壬午軍乱の謝罪を行っていた朝鮮の役人・金玉均(きむおっきゅん)らの親日派だ。

甲申事変の人々

彼らは、日本公使員の竹添進一郎とともに漢城(現在のソウル特別市)でクーデターを起こしたのだ。

このクーデターはアメリカやイギリスにも事前に相談しており、賛同されたそうだよ。
「清より日本に頼るべきだ」と。

竹添進一郎

独立党は親清派を倒し、新政府の樹立を宣言した。

しかし、清国からの反撃により3日で鎮められてしまう。

そして、日本政府は退去し金玉均らも日本へ亡命。

この出来事を『甲申事変(こうしんじへん)』というよ。

諭吉くん
諭吉くん

実は、私(福沢諭吉)も関わっていたんだ。

え!諭吉先生が?!

どら猫くん
どら猫くん

私(福沢諭吉)が設立した慶應義塾に朝鮮人の留学生(ユ・ギルジュン)がいて、朝鮮の近代化の手伝いをしていたんだよ。

金玉均とも交流があった。
彼は、とても良い思想を持っていたんだ。

そんなことがあったのかー。

どら猫くん
どら猫くん

今日は、ここまで。
次回は天津条約~日清戦争までになるよ。

続きはこちら!

【日韓併合】までの日韓の出来事をわかりやすく会話で知る②天津条約~日清戦争編

今日は【天津条約】から、わかりやすくお伝えします。 日韓併合までの出来事①はこちら 前回は諭吉先生も関わっていた事件があってビックリしたぞー。 どら猫くん 諭吉くんこれからも少し出てくると思いますよ。 ...

続きを見る

次回もお楽しみに!

参考文献:歴史に見る 日本と韓国・朝鮮,これだけは知っておきたい日本と韓国・朝鮮の歴史,若者に伝えたい韓国の歴史,わかりやすい韓国の歴史,ビジュアル 明治クロニクル この国のかたちを決定づけた維新のドラマを読む,歴史がおもしろいシリーズ!図解 日本史,詳説 日本史図録,Wikipedia

ランキングに参加してるぞー(Byどら猫くん)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


偉人・歴史人物ランキング

スポンサーリンク

-わかりやすく知りたいこと, 戦争, 日韓併合
-, , , , , , , ,

© 2021 日本紙幣サイト